当ページでは、当法人関連のイベントと皆様からお届けられたイベントの開催案内を公開しております.



“障がいのある人の芸術支援にかかる研修会 ” を開催!

毎年、Art to You!東北障がい者芸術公募展を開催しておりますが、初めての活動として、当法人に作品の出品申込をされた方々へ『障がい者の芸術文化活動状況のアンケート調査』を実施致しました。
みなさまからは、多くのご意見をお寄せいただきました。そしてこの度初企画として、『障がいのある人の芸術支援にかかる研修会』を開催致します。


仙台会場/参加者募集中
日 時 :平成29年11月29日(水) 17:00〜19:15
会 場 :仙台市市民活動サポートセンター地下1F 市民活動シアター
        仙台市青葉区一番町4丁目1-3 TEL.022-212-3010
内 容  ①障がい者の芸術文化活動状況のアンケート集計結果について/報告
 ②講演/社会福祉法人光林会 るんびにい美術館 アートディレクター 板垣崇志氏
        演題『利用者への造型活動支援について』
      クシノテラス代表 アウトサイダー・キュレーター 櫛野展正氏
        演題『障がい者の芸術を支援するということ』
 ③意見交換

参加をご希望の方は11月27日(月)までに当法人宛てへメール、または別紙FAX用紙≫でお申し込み下さい。
E-mailはこちらまで≫   詳細・申込用紙はこちら≫

※会場の関係で、参加人数に限りがございますので予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

青森会場/終了致しました
日 時 :平成29年11月20日(月) 17:00〜19:15
会 場 :青森新都市病院 講堂(3階)
報告書はこちらをご覧下さい≫




“第6回 楽しい!ボーダレスアート展” 開催のお知らせ
開催日:2017年11月2日(木)〜12月16日(木)
開催曜日:木曜日〜日曜日 10:00〜16:00 (最終日のみ10:00〜12:00まで)
会場:八幡森の館
展示:絵画・彫刻・造形・書
主催:ぼーだれすアートくらぶBACせんだい

“障がいのあるなしに関わらず表現したい”
強烈なエネルギーから生まれたアート作品を展示します.
2018年アートカレンダーの原画展示致します.


関連イベント 

11月23日(木) 14:00〜15:00
「クリスタルボウル演奏」 遠藤 園子  参加費:500円

11月25日(日) 14:00〜15:00
「サーランギ・タブラ・タンブーラ演奏」ならやんず  参加費:500円

*各回定員30名 要予約

【展示作品関連グッズ販売あります】
「ワークショップ 巻き巻き人形・羊毛フェルト等」
随時:500円~(材料費込)


予約問合せ:河本 090-9742-1876 菅原 070-5059-9013




“長井文化回廊2017 まちめぐり美術館” 開催のお知らせ
開催日:2017年10月28日(土)〜11月5日(日)  最終入館:16:30まで 
会 場:丸大扇屋・長沼孝三彫塑館・醸造元長沼合名会社
    合資会社鍋屋本店・貿上醤油店醸造元
    風間書店・ぬくもりの郷あやっか・黒澤履物店
    小桜館・芳文庫ギャラリー・Kosyau(こしゃう)
観覧料:無料
企 画:ながいアートプロジェクト実行委員会

長井文化回廊は、2013年より開催されている長井市内の文化財や地元の方の協力を得て開催されている文化イベントです.
芸術の秋に長井の魅力を再発見しに来てください.
障がいのある人もない人も、町の人も、お店も、蔵も・・・.“まちをめぐる”みんなの美術館!今年は地元の高校生や幼稚園のお友達も参加します.7つの会場を巡ると「まちめぐり缶バッジ」をプレゼント!今年はどんな出会いが待ってるかな!?
酒蔵や商店、古い町並みにアート作品を飾り、まちを巡りながら楽しむ「美術館」.
アート作品に気軽に触れ、楽しんでみませんか?


関連イベント 

[彫刻デーワークショップ]
「石膏レリーフ作り体験」 
彫塑作品には欠かせない石膏を使ってレリーフを作ります.

開催日:11月3日(金)  13:00〜15:00
場所:長沼孝三彫塑館
参加費:500円 定員:10名
対象:小学4年生以上(大人の方も大歓迎)※小学校低学年の方は親子でご参加下さい.
申込先:0238-88-4151(文教の杜ながい)

[こしゃうプロジェクト「壁面制作ワークショップ」]
―市民参加型旧工場芸術的再開発計画―
長井市内の水路から拾い上げられた陶器のかけらを使って壁面を制作します.

開催日:11月4日(土)・5日(日)  13:30〜15:30
場所:旧芳文社工場Kosyau(こしゃう)
参加費:大人=1,000円  こども/学生=500円
定員:15名
対象:小学校3年生以上(学生=中学生以上、大学生以下)


連絡先・問合せ:ながいアートプロジェクト実行委員会
        TEL.0238-88-4151(文教の杜) 詳細はこちら≫




““生”に臨む表現活動の記憶〜島崎 敏司展” 開催のお知らせ
開催日:2017年8月1日(火)〜11月20日(月)  時間:11:00〜17:30 
休館日:木曜日
会 場:にしぴりかの美術館 
    〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47
入館料:無料
展覧会詳細はホームページをご覧下さい≫

これはまるで、火山が噴火するような出来事だったように思うのです。絵を描くことにまったく興味・関心のなかった島崎さんが、突如として絵を描き始めた。彼自身の内的必然性、現代社会が抱え押さえ込んでいるエネルギー、あるいは生命がその誕生以来、常に内包してきた原生的欲求が、彼の身体を通してまるでマグマが噴出するかのように、一気に表現として溢れ出してきたかのように思うのです。  
企画・展示:宇野学


企画イベント 

[島崎敏司インタビュー映像『MONOLOGUE』]
高橋愼二2005年作品
日時:期間内随時上映 
参加費:無料

[映画『ニーゼと光のアトリエ』上映 トーク付き]
東京国際映画祭グランプリ&最優秀女優賞W受賞!
心理療法の常識をくつがえし、愛と芸術で人を癒したある女医の真実の物語
開催日時:10月22日(日) 13:00〜
トーク:現代人の心の関係(Kzcco&宇野学)  
上映協力費:お一人1000円(定員30名・ご予約優先)

連絡先・問い合わせ:にしぴりかの美術館
〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47 FAX. 022-343-7077 
Emailはこちらから≫  HPはこちら≫




“宮城と岩手をつなぐ連携企画[命の禊。命の礎−病とともに存在すること−]” 開催のお知らせ
開催日:2017年8月10日(木)〜11月12日(日)  時間:10:00〜16:30 
休館日:毎週水曜日・毎月第4火曜日
会 場:るんびにい美術館(岩手県花巻市)
入館料:無料
展覧会詳細はホームページをご覧下さい≫

心の病やこの世に存在し、自らの内面をさらけ出すこと。それによって得られる生の営み―。
生活のあらゆる行為に不安が付きまとう「強迫性障害」に悩まされる本木健は、長年に渡り精神科病院の<造形教室>で絵を描き続けています。決して平坦ではない人生を、描き、刻みながら生きる本木健の作品を紹介します。


連絡先・問い合わせ:るんびにい美術館
〒025-0065 岩手県花巻市星ヶ丘1-21-29 
詳細はるんびに美術館ホームページ≫をご覧下さい




“吉岡宿 にしぴりかの映画祭” 開催のお知らせ
開催日:2017年9月30日(土)〜10月1日(日) 各日 午前10:30開場 
会 場:にしぴりかの美術館 
    〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47
チケット販売:1回券=1,200円 3回券=3,000円
       特別券=600円 対象:小・中学生、障害者及び介助者(1)
       ※特別券は1回券のみ販売 ※未就学児無料
       ※詳細・入手方法はホームページをご覧ください.
主  催:吉岡宿にしぴりかの映画祭実行委員会   

ドキュメンタリー映画をもっと観たい.
世の中には、いろんな生き方・生活・人生があるんだ.そんな発見をさせてくれる、感動を与えてくれる、そんなドキュメンタリー映画.
もっと観てみたいし、もっと多くの人に観て欲しい. いろんな生き方・人生がある事を知る事は、人の生き方を楽にさせてくれると思う.互いに知り理解し尊重し合える.そんな一歩一歩を進めていきたい.
場所は、映画「殿!利息でござる」で紹介された共助の歴史を持つ、宮城県は吉岡宿.
七つ森の自然を眺めながら、ゆっくり映画を観て感じて、語り合えたら良い.


連絡先・問い合わせ:吉岡宿にしぴりかの映画祭実行委員会(にしぴりかの美術館内)
FAX. 022-343-7077 
Emailはこちらから≫  イベントサイトはこちら≫




“プランツ・プラネッツ” 開催のお知らせ
開催日:2017年7月29日(土)〜10月22日(日) 10:00〜18:00 (火曜日休館)
会 場:はじまりの美術館 
    〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873 TEL. 0242-62-3454 
    会場web-siteはこちら≫ 

料 金:一般 500円、65歳以上 250円、
    高校生以下・障がいをお持ちの方及び付添いの方(1名まで)無料

主 催:社会福祉法人愛積愛育園 はじまりの美術館


私たちはこの星のカケラです。
ものを食べ呼吸し排泄する.私たちの身体は、常に巡り続けるこの星の一部でできており、それは、この星の命すべてにあてはまることです。なかでも植物は、大地に根を張り、大気に葉を茂らせ、実を結び循環そのものを生きています.
昔からヒトは、「才能の花が開く」「努力が実る」など人生の折々を、植物になぞらえ表現してきました.植物は、衣食住すべてに関わりが深い、ヒトに最も身近な命とも言えます.一方、ヒトは豊かで幸せな暮らしを求め、効率性や生産性を高める仕組みを作ってきました.物質的な豊かさを享受する一方で、環境に負荷をかけ、個々の独自性は軽視され、社会は柔らかさを失っているかのようにも見えます.「持続可能な社会」「多様性を尊重する社会」が叫ばれて久しくなりますが、これらの言葉はどこか他人ごとのように響きます.
本展では、植物に関わる作品を制作する7組の作家を紹介します。身の回りの植物をはじめ、植物の多種多様な在り方に目を向け、ほんとうの意味で、豊かで幸せな暮らしとは何かを考えます.作家たちは、植物に何を見ているのでしょうか?
この種があなたの中に宿り、何かが芽生えることを願います.

出展作家:浅野春香、今村文、片桐 功敦+ I am flower project
     蒲生卓也、鈴木祥太、宮原克人、吉田あさぎ



関連イベント 

[ギャラリートーク]
美術館スタッフとともに、展覧会をじっくり鑑賞します.鑑賞後はお茶を飲みながら感じたことなどを話し合いましょう.
日 時:9月16日(土)、10月14日(土)  各回13:30〜14:30
参加費:無料(別途入館料必要) 事前申し込み不要

[ワークショップ「ほうきを作ろう-ススキ編-]
集めたススキでほうきをつくります。ホウキモロコシを使ったほうきの作り方をはじめ、色々なほうきを紹介します.
開催日時:未定 ※詳細は決定次第、ホームページやFacebook等でお知らせします.
参加費:無料(定員20名・要事前予約)
ワークショップ講師:筑波大学「ほうきをつくろう」チーム

[常設ワークショップ「秘密基地」]
外に広い空き地があります.木の枝を集めて置いておきます.
どんな秘密基地をつくりますか.どんな秘密基地ができるか、参加する皆さんの手にかかってます.
開催日時:期間中随時参加可 ※詳細は決定次第、ホームページやFacebook等でお知らせします.
場  所:はじまりの美術館東側広場
参加費:無料
ワークショップ講師:宮原克人、安田佳八子(筑波大学芸術専門学群4年)

連絡先:はじまりの美術館 〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873 TEL/FAX 0242-62-3454
アクセス:猪苗代駅より徒歩25分、タクシーで5分.猪苗代磐梯高原ICより車で一般道12分.
※駐車場は美術館西側に15台.手打ちそば「しおや蔵」共用.

会場web-siteはこちら≫   Emailはこちら≫




“MACHIYART2017 町家のアート動物園” 開催のお知らせ
開催日:2017年9月2日(土)〜25日(月) 9:00〜18:00 (会期中無休) 
会 場:もりおか町家物語館 大正蔵2階の展示室、風の広場、館内各所
    〒020-0827 岩手県盛岡市鉈屋町10番8号 TEL.019-654-2911 
     会場web-siteはこちら≫ 

閲覧料(時空の展示室):一般300円 小・中学生100円
            未就学児・障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの介護者
            (1名まで)は無料

主  催:特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター
共  催:盛岡市 盛岡彫刻シンポジウム実行委員会
協  力:3.11絵本プロジェクトいわて 社会福祉法人自立更生会盛岡杉生園    


このたび、当館では「動物」をテーマに美術展を開催いたします.
本展では、招聘作品として、東北地域で活躍している若手作家や障がいのあるアーティストの作品を展示、加えて、国内で最も長く続く彫刻シンポジウムである「盛岡彫刻シンポジウム」に屋外展示をしていただきます.また、東北地域から幅広く公募した作品を館内各所に展示します.作家たちが育ってきた環境や作品制作の場は異なりますが、それぞれの動物に対するあたたかな眼差しや豊かな問いかけは、観るものを楽しませ、新たな視点をもたらし、想像力を掻き立たせてくれることでしょう.そして、盛岡町家や蔵という独特の展示空間と美術作品の融合もぜひお楽しみください.



関連企画 

[髙橋和彦 公開制作]
髙橋和彦氏が来館し、館内で特別制作を行います.
開催日:9月10日(日) 9:00〜12:00 14:00〜16:00 
場 所:当館・大正蔵2階の展示室 ※予約不要(直接会場にお越し下さい.本展の観覧料が必要です.)


[日本画の素材で動物を描いてみよう!]
菊池咲氏を講師に、日本画の描き方を体験できるワークショップを行います.
開催日:9月10日(日)  14:00〜16:00
場 所:当館・母屋2階
定 員:16名(要予約)※対象中学生以上(詳細はチラシをご覧下さい.)


◆3.11絵本プロジェクトいわて
[出張絵本サロンおはなし会]
出張絵本サロンがやってきます!動物が出てくる絵本の楽しいおはなしをします.
開催日:9月17日(日) 11:00〜11:30
場 所:当館・大正蔵2階の展示室 ※予約不要(直接会場にお越し下さい.)
※上記イベント開催のため、9月17日(日) 9:00〜13:00は展覧会の観覧料が無料です.


[動物の絵本の特別展示]
当館・文庫蔵絵本の小部屋では、3.11絵本プロジェクトいわてが動物の絵本の特別展示を行います.


連絡先・問合せ:もりおか町家物語館 TEL. 019-654-2911 Mailはこちら≫




終了いたしました
“きらら20年展” 開催のお知らせ
開催日:2017年8月23日(水)〜27日(日) 10:00〜17:00 ※最終日は15:30終了
会  場:岩手県民会館 第1・2展示室
    〒020-0023 岩手県盛岡市内丸13-1 TEL. 019-624-1171 web-site≫ 
主  催:いわて・きららアート協会
    ※入場無料

「いわて・きららアート協会」が設立されて20年が過ぎました。年1回の公募展を中心に様々な活動を取り組む中で、多くの作品がさまざまなステージで活躍し、作り手の自己実現の喜びに結ばれてきました。そして今もなお障がいのある方々にとって、”きららに出したい”という思いが集う場として、多くの県民の皆さまにとって障がいのある人の創造と出逢う場として積み重ねてきた20年を11~20回の入賞作品を中心に振り返り、障がいのある人にとっても、ない人にとっても住みよい社会への歩みを更に踏み出してまいりたいと思います。


特別企画  【小林覚先生が語る!】

開催日:8月23日(水) 午後2時 
場  所:岩手県民会館第2展示室 ※入場無料・申し込み不要

花巻市の「出前授業プロジェクトチーム(仮称)」による出前授業。
小林覚さんが、自身が生み出すアートとか、その周辺にあるいろいろなこととかを語ってくれる予定!学校の先生が教えてくれなかったあんなこと、こんなこと!聴きのがしたら後悔しますよ!
そのほかアート作者による公開制作などお楽しみ企画準備中!

連絡先:いわて・きららアート協会 事務局
    〒028-3171 岩手県花巻市石鳥谷町中寺林12-54-9ルンビニー苑内(三井・村井)
    TEL.0198-45-2706 FAX. 0198-45-2706




終了いたしました
宮城と熊本をつなぐチャリティー企画 “大野勝彦 講演会”開催のお知らせ.
開催日:2017年4月7日(金)〜29日(火) 18:30〜20:00 開場18:00
会  場:仙台市 戦災復興記念館 記念ホール
   仙台市青葉区大町2-12-1 TEL.022-263-6931 web-site≫
入場料:2000円(税込) ※収益金は大野勝彦美術館復旧のために寄付いたします.
主催:3.11を語りつぐ会

熊本県南阿蘇村に建つ「風の丘 阿蘇 大野勝彦美術館」周辺地域は。2016年4月の熊本地震により、大きな被害を受けました.かつて両腕を失うという失意の中から立ち上がり、義手で絵や詩を描き、個人美術館オープンまで成し遂げた大野勝彦さんは、被災した美術館の再オープンに向け奮闘してきました.
熊本地震から1年.宮城の地から、熊本にエールを送ると共に、あらゆる困難を力強く乗り越えてきた大野さんのパワーに触れ、共に未来に向かって歩んで行く力にしていただけたら幸いです.
嵐の丘 阿蘇 大野勝彦美術館web-site≫

仙台展示会 同時開催  大野勝彦詩画展「負けない 逃げない 諦めない」
会期:4月6日(木)〜11日(火) 会場:藤崎本館3階 特別室 ※入場無料








終了いたしました.ご来場下さった皆様、ありがとうございました.
岩佐勇太朗個展「時計の世界」開催のお知らせ
2015年12月7日(月)〜29日(火) 11:00〜21:30
長町遊楽庵・びすたーり
「Art to You!東北障がい者芸術公募展」 大賞・東洋ワーク賞受賞の副賞として開催される記念作品展.勇太朗さんの時計の世界で「素敵な時」をお過ごし下さい.会場は仙台市長町、“長町遊楽庵 びすたーり”.
主催/Art to You ! 東北障がい者芸術公募展実行委員会